WIndowsのアップデートでNASが使えなくなっていた件

2018年12月19日

NASを自宅でも事務所でも使っています。
自宅で使っているのは割と古いNASで、知らない間に見ることが出来なくなっておりました。
事務所のNASは年式が新しいからか、問題なく使えていたので、問題に気付いていませんでした。

どうも、2018年4月のアップデートで、ワークグループ機能がなくなっていたようで、
ワークグループを合わせないと共有フォルダにアクセス出来ない古いタイプだったので、
見ることが出来なくなっていたようです。

▼このページを見つけて、無事にNASがまた使えるようになりました
https://solomon-review.net/windows10-v1803-smb-problem/

コルタナさんで、「Windowsの機能の有効化または無効化」と入力して検索し、
「SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート」にある、「SMB 1.0/CIFS クライアント」に
チェックを入れてOKを押すだけで、インストールが始まり、再起動をすれば直りました。

しかし、セキュリティという面からもそろそろ買い替え時ですね。。
次は、SynologyのNASが欲しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DS218PLAY Synology 2ベイオールインワンNASキット DiskStation DS218play
価格:23980円(税込、送料無料) (2018/12/19時点)



DiskStation DS218play というNASはHDDが2台搭載でき、クアッドコア、 読み取り速度112 MB/秒
というスペックで24,000円ほどで購入できます。HDDを2台仕入れる必要がありますが、このスペックが
あれば十分です。本当はホワイトの筐体が欲しいのですが、クアッドコアはブラックになるようです。残念。


HDDは、RAID1でバックアップを取りつつ運用したいので、容量が大きいものが必要になります。


4TBのHDDが9,000円以下という良い時代です。以前に購入した時は1TBでこれくらいしましたが。。
SSDのNASも興味がありますが、データストレージとしては、やはりHDDがコスパ的にベターです。

SSDもHDDも使えるNASも興味があるので、調べてみようと思います。
posted by nobu at 19:38 | Comment(0) | デジタル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。